2014/12

  • Dec
  • 25
  • 2014

IT

Xitrum 3.21

Xitrum 3.21 Released!

https://groups.google.com/d/msg/xitrum-framework/Jzmxf9X1pAo/anEyvOyxmYsJ

主な変更点


1. #492 Akkaのバージョンが 2.3.7から2.3.8になりました。

2. #489 BeforeFilterで`forwardTo` が呼ばれた場合のバグ修正

3. #491 `paramso`が削除されました。 指定したキーのパラメーターがない場合、`params`は `Seq.empty`を返すようになります。

4. #455 `PoLoader` はdevelopmentモードで `src/main/resources/i18n` ディレクトリを監視します。これによって、EclipseやIntelliJで開発中にも国際化対応されたメッセージが表示されます。

3.20 から 3.21 へのアップデート方法

build.sbtを修正するだけです。

-libraryDependencies += "tv.cntt" %% "xitrum" % "3.20"
              +libraryDependencies += "tv.cntt" %% "xitrum" % "3.21"
              
  • Dec
  • 11
  • 2014

IT

Xitrum 3.20

Xitrum 3.20 Released!

https://groups.google.com/d/msg/xitrum-framework/GOxo4rpFWEk/xuagrdy8MUsJ

主な変更点


1. #482 `paramo`、`params` そして `paramso` は値が空欄の場合はフィルタリングしません。 

指定した値が空欄の場合、Xitrum 3.17までと同様にExceptionがスローされます。


2. #484 `RequestVar` と `SessionVar`でOptionの各メソッドが使えるようになりました。

`RequestVar` と `SessionVar`は振る舞いについては、Xitrumガイドを参照してください。


3. #481 cacheシステムについて、developmentモードでの有効化、productionモードでの無効化を選択できるようになりました。

xitrum.conf の例:

https://github.com/xitrum-framework/xitrum-new/blob/master/config/xitrum.conf#L76


3.19 から 3.20 へのアップデート方法

いくつかの設定ファイルを修正するだけで簡単にアップデートできます。

例:

https://github.com/xitrum-framework/xitrum-new/commit/df4ba5dc95b0aa7169dc8841a6f1b0ca4c213eed


Xitrumプロジェクトページの一番下にいくつかのサンプルプロジェクトがあるので、そちらも参考にしてみてください。
http://xitrum-framework.github.io/