2014/6

  • Jun
  • 15
  • 2014

IT

Xitrum 3.14 (π)

Xitrum 3.14 (π) Released!

https://groups.google.com/d/msg/xitrum-framework/5YALr8UXaAM/sBY-jUO5gvYJ

  • クラスファイルのオートリロードと、ルーティングの再収集
    デベロップメントモードでは、xitrumはファイルモニター機能によって、target/scala-<version>/classesが監視されます。変更のあった場合、次回のリクエストのタイミングで、xitrumは新しいクラスローダーによって新しいまたは変更されたクラスファイルをロードします。
    スクリーンキャストhttp://youtu.be/Ds7kQ0w70Kk
  • xitrum.Componentクラスの追加
    再利用可能なViewを定義しやすくなりました。
    http://xitrum-framework.github.io/guide/action_view.html#component
  • 高速なHTTPS通知のためにOpenSSLエンジンを選択可能になりました。
    これはNettyの機能です(今バージョンよりNetty-4.0.20を使用しています)。OpenSSLエンジンを有効にするにはApache Portable Runtime(APR)とOpenSSLが、システムライブラリーとして参照可能なパスに登録されている必要があります。$LD_LIBRARY_PATH (Linux, Mac)、 %PATH% (Windows)。
    それに伴いXitrum.confの書き方が変わりました。
    https {
                    useOpenSSL    = false
                    certChainFile = config/ssl_example.crt
                    keyFile       = config/ssl_example.key
                  }
                  
  • Scala-2.10系と2.11系のサポート
    可能であれば2.11系を利用すべきですが、他のライブラリが2.10系しかサポートしていない場合Xitrumを2.10.xで利用することができます。
    なおXitrum-3.11からXitrum-3.13まではScala-2.11.xしかサポートしていません。

Xitrum 3.13から3.14へのアップデート例
https://github.com/xitrum-framework/xitrum-new/commit/119da856b9d1f78acc480200628f445a54def867